出来れば上品な英語を話しましょう

英語にも婉曲表現は存在する

「ヒルトンホテルはどこ?」と外国人に突然日本語で聞かれたら、だれしもびっくりするでしょう。

質問の内容はわかりますが、言葉に丁寧さがないからです。

これと同じようなことを、実は日本人もやってしまっています。

例えば、バス停はどこですか?

と聞きたい時に、where is the bus stop?と聞くと、バス停ってどこよ?というニュアンスで聞こえてしまいます。

実は、このような言い回しは学校で教えてくれません。

日本人の英語が一部不自然に感じるのは、この丁寧な英語と無礼ない英語が教科書に混在しているからかもしれません。

また、I don't understand.

これはネイティヴにとって耳障り。

「わからん」という意味ですので。

英語は自分の意思をはっきりと伝える言葉といわれています。

しかし、だからと言って、無礼な英語を使ってよい理由にはなりません。

英語にも、日本語と同様に婉曲表現というものは存在します。

例えば、I disagree with you.という表現などは、相手に断りを入れるわけですから、それなりに丁寧に言う必要があるわけです。

日本語にしろ、英語にしろ、婉曲表現というものは歓迎されます。

どのように言えば、上品に聞こえるのか?

それは、英会話のスピーキングについてまとめたサイトを見ればわかります。

このようなサイトで勉強するのとしないのでは、雲泥の差が出てしまいます。

ですので、できる限り、たくさんの知識を覚えて、適切に使えるようにしましょう。

皆さんが少しでも英語ができるようになったといえるように、このサイトの情報も充実させていく予定です。 皆さん、楽しみ、苦しみながら(笑)、英語を勉強していきましょうね。