辞書の必要性について

あなたは、英語習得には辞書が必要だと思いますか?

学校の英語の授業で、「分からない事が出てきたらすぐに辞書を引くように」と言われた事があると思います。

これはたぶん、理屈としては分からない事を自分で調べる事によって、身体に身についていく事を教えたかったからだと思います。

なので、たくさんの学生達の辞書はボロボロで、赤線もたくさん引いている辞書になっていたように思えますね。

その結果、たくさんの単語を習得し英語自体も上達した人が多かった事でしょう。

と言っても、辞書を買い替える度に、また新たに書き込みをしていかなければならないのかと思うと、少し無駄だなとは思いますよね。

それで、電子辞書に乗り換えた人も少なくなかったのではないでしょうか。

しかし、このような現象は学生の時はよく見る現象ですが、英会話を習得しようとしている人達にとっては、そこまで辞書にこだわらなくても良いんじゃないかと思いますね。

日常会話と辞書に載っている文は間違ってはいないにしても、使い方が違っていたりするんです。

出来ればテキストや映画の文章等から理解していった方が、覚えやすいというのはありますね。

また、自分専用の辞書みたいなものを作った方がより分かりやすく、使いやすいかもしれません。

英語を習得するには、英語の意味を日本語に変換して理解するのではなく、英語のまま理解しないといけないと思います。

そうでなければ、多分会話についていけないのではないかと思いますね。

辞書はあった方が良いんですが、それに固執する事は止めた方が良いかもしれませんよ。