苦手意識があるのは何故?

あなたは、日本人は何故英語に苦手意識があると思いますか?

日本以外の国の人は、比較的英語を習得していて話せる人が多いのに、日本人は英語を習得どころか話せない方がかなり多いのが現状ですよね。

苦手と感じている方もかなり少なくないでしょう。

この「苦手意識がある」ことにはいろんな見解があります。

そして、そこから英語を習得させる為の勉強方法が山のように紹介されています。

その英語習得の選択肢がありすぎて、反対に迷ってしまって分からなくなり、結局手を付けられなくなったのも結構多いですね。

なぜなら、「これは○○もやった学習法だから絶対に習得出来ます」なんて言われたら、今やっている勉強方法に疑問を持って身が入らなくなったり、浮気したりするのも当然ですよね。

そこで、日本人が何故英語に苦手意識があるのかをまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

<文法の違い>
日本では、英語の授業を文法から教えていく傾向にありますよね。

当然ながら日本と英語の文法は違う訳で、初めは訳が分からなくなって当然です。

しかも、英語を習い始める中学生でいきなり文法の授業なので、分からないと嫌になるのも仕方がないですよね。

それでもそのまま授業は進んでしまうので、結果的に英語が苦手になってしまうというわけです。

<英語学習スタート時期の違い>
日本以外の国では、英語を学ばせるスタート時期が小学生の低学年からという国が多いのに対して、日本では早くても小学生の高学年からという所が多く見られます。

ちなみに、医学的根拠はどうなのかは全く分かりませんが、語学を習得するには10歳未満の方が良いも言われています。

確かに、教えた事を素直に吸収しやすい年代なのかもしれませんね。

このことから、英語の勉強スタート時期が遅いから、日本人は英語が苦手だという意識が芽生えてきているのかもしれませんね。