アクセントの違いに注意する

あなたは、日本語とは違うアクセントに苦労していませんか?

日本語とはかなり面白いもので、単語自体にアクセントがあり、どうアクセントを付けるかで意味がかなり変わってきますよね。

例えば、「はし」については、最初の「は」にアクセントを付けると、食事の時に使う「箸」、最後の「し」にアクセントを付けると「端」という意味にもなりますよね。

しかし、英語はこれとは全く違っていて、単語のどこにアクセントを置いたとしても意味は全く変わりません。

そういう意味もあってか、英語では単語よりも文全体に対してアクセントを付けて、何を強調するかで表現しています。

なので、英語を聞いている時に、あまりアクセントや強弱が無く、平坦に言っているように聞こえてしまっているんですね。

日本語と英語は、こうした言い回しも違っているので、習得する場合に苦労する点になるのではないかと思います。

また、英語習得の場合に戸惑うのが発音ですが、日本語で言う母音と子音についても違いがあると言います。

日本語には、「ん」意外は母音が付きますよね。

「ん」は子音にあたりますが、英語の場合には子音が多数を占めていて、日本語は子音も発音しているのに対して英語は子音が曖昧な発音のように感じてしまいます。

この発音が聞き取れなくて、苦労するところもありますね。

例えば、「R」と「L」なんて、全く聞き取れない人もなかなか多いのではないでしょうか。

今まで生活してきて使った事がないアクセントの使い方、発音を英語はしているので、戸惑ったり苦手意識が出たりするのは当然だと思います。

ですが、何回も練習する事によって習得出来るようになってくるので、決して諦めないで下さいね。